http://sea-sys.comを開設致しました。

特許取得 省エネ全館空調

太陽熱をプラスした24時間換気付全館空調 システムの特許を取得しました。

WUCシステム 3月に4棟着工

この3月に4棟、福山市内に「WUCシステム」を採用しました新築住宅が着工致しました。

先月、FC加盟して頂きました「アイ工務店福山支店」様がいきなり4棟の採用です。来月も数棟WUCシステムを採用していただけるそうです。ありがとうございます。

「お客様様からの声」を開設しました

全館空調WUCシステムが備わった家での生活状況をお伝えいたします。

近畿大学工学部エネマネハウス2017応募

近畿大学工学部様が「エネマネハウス2017」に応募されました。

弊社と共同研究している「WUCハウス&WUC全館空調システム」を採用されました。

6月中旬に採択が決定します。・・・・楽しみです。

ZEH換気設備にWUC認可

平成28年度補正予算ZEH補助金交付において、WUCシステムの24時間換気システムが認可されました。

0 コメント

BELS評価で削減率72%

昨年、完成したZEH補助金住宅をBELS評価機関に依頼ししました。

その評価結果、一次エネルギー消費削減率72%を達成致しました。

BELS評価機関として、72%は凄い削減率であると、びっくりしていました。

 また、ZHE評価基準でも55%であり、ZEH申請と同様でした。

 

WUCシステム(赤坂モデル全館空調費が\65/日)

早いもので、赤坂モデルがオープンして、1年が経過致しました。

その1年間のWUC全館空調する電気代が¥24,543でした。

 これは1日平均にすると¥65/日となり、素晴らしいデータだと関心致します。

 今年中に近畿大学 が詳細解析して頂く予定です。

築27年の輸入住宅

築27年前に弊社が施工建築した輸入住宅です。

この度、リ・ホームする事になり、リ・ホーム後の写真です。

基本的にはクロス張替えと一部白いドアやモールディングを塗り替えました。キッチンなど水周りは当時のままです。

 外壁は総レンガ張りで、屋根はローマン瓦です。

とても、27年も歳月が経過した住宅には見えないです。さすが、無垢材をふんだんに使用した家です。

 

 

H28年度ZEH追加補正1次公募で2棟採択

H28年度ZEH追加補正1次公募で2棟採択されました。

この一次公募では1,093棟採択された内の2棟です。

これで弊社は今年には3棟採択されたことになります。

来期5月に3棟申請する予定です。

又、進行状況をアップ致します。

 

ZEH住宅第2棟目完成披露

赤坂モデル住宅の隣に「ZEH住宅」が完成致しました。施主様のご好意により、この17日(土)と18日(日)の2日間、完成披露会を行います。

 太陽熱・地熱を利用した全館空調WUCシステムが備わり、健康で快適な暮らしができる開放感が素晴らしい住宅でです

是非、この機会に、体感して見てください。

カナメ+WUCとコラボ

㈱カナメ様の屋根一体式ソーラールーフを全館空調システムWUCがコラボしたDMが完成致しました。

 このDMは弊社のWUCシステムの特徴を全面的に掲載したものです。

 赤坂のモデルハウスの9ヶ月(2~10月)間の冷暖房費が¥13,802です。この状況では1年間の冷暖房費は¥2万円代になりそうです。

PS:このカナメソーラールーフとWUCシステムを取り入れたZEH補助金住宅第2棟目が12月に完成致します。

 この住宅は開放感が素晴らしい創りになっています。完成が楽しみです。

 

ZEH補助金住宅の完成見学会&構造見学会

なるほど納得!

目からウロコの見学会です。

省エネ率削減率54%を達成しました「ZEH補助金住宅」です。

 今年1月に完成したZEH住宅と今年12月に完成予定のZEH住宅の構造体が見学できます。

 めったに無いZEH住宅が同時に体感&見学が出来ます。

 また、全館空調WUCシステムも

体感出来ます。

ZEH補助金利用住宅2棟目着工

今年2月に完成したZEH補助金利用住宅(写真奥)に続き、2棟目を着工致しました。

 この住宅はエネルギー削減率が54%でZEH基準の20%に対して、大幅に削減することが出来ました。

 10月に構造見学会と完成体感会を開催する予定です。

ZEHモデルハウス体感!

ZEH住宅と太陽熱や地熱を導入した24時間換気全館空調システムが備わった他社に無い画期的な建物です。これから熱中症に気をつけるシーズンです。健康で快適なゼロエネ暮らしができる住宅を実感して見てください。

H28年度 省エネ大賞応募致しました

昨年も「省エネ大賞」に応募致しましたが、採択して頂けませんでした。昨年の製品・ビジネス部門の応募数は83件で採択が18件でした。省エネ大賞に採択されますように・・・!

日本経済新聞に掲載

屋根一体式太陽光パネル(㈱カナメ製)を採用し、太陽熱で暖めれれた外気を24H換気用に取り入れ、蓄熱層を暖めながら室内を暖房するシステムを開発致しました。さらに、太陽光パネルを冷やすシステムも備わりました。

 このシステムは以前のシステム対して、暖房費が70~80%安くなりました。

 詳細は後ほど、ブログにアップ致します

ZEH H28年度 ビルダー登録完了

早速、夏ごろからZEH住宅を新築致します。スキップフロアーの2階建てです。遊び心いっぱいの住宅になると思います。

ZEH仕様モデルハウスお披露目会

古民家住宅に地熱空調を施工

築100年以上の古民家住宅に弊社の地熱全館空調システムが採用されました。広島県府中市の比較的冬は寒い所です。現在、蓄熱用ブロックを敷き詰め、土間コンまで施工完了致しました。どこまで、気密性や断熱性能を上げられるかが問題です。

ゼロエネ住宅上棟

ゼロエネ住宅が6日に上棟致しました。写真下はカーボン入り断熱材で、屋根と壁に使用する量です。後、基礎断熱財が追加になります。写真上は屋根に100ミリ施工しました。カーボン入り断熱材は断熱効果が最大20%向上します。

ゼロエネ住宅基礎完成

ゼロエネ補助金認定で地熱蓄熱全館空調用の基礎が完成致しました。

11月4日から土台工事に入り、11月7日に棟上をする予定です。

全館空調蓄熱工事

ゼロエネ住宅の全館空調システムの蓄熱工事が始まりました。今回のZEHには蓄熱ブロックを360個施工致します。明日はこの上にスラブを施工して、基礎工事は完成致します。

ゼロエネ(ZEH)住宅地熱埋設管工事

地熱埋設管工事が始まりました。

傾斜地に埋設する為に、まず、地形の造成工事に時間が掛かっています。本日、やっと埋設管を埋設出来ました。

これは、地熱全館空調システム(WUC)の第一番目に行う工事で、室外機の電力を省エネするシステムです。

ゼロエネ(ZEH)補助金対象住宅

「平成26年度住宅ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金」に応募し、補助金対象住宅に採択されました。

 今月中旬に着工し、来年1月中旬ごろ完成する予定です。補助金対象なので、完成時には写真の添付が必要となりますので、その都度、写真をプログにアップしていきますので、プログをチェックしてみてください

ドルケン・ジャパンのルーフイン採用


分譲地 坪4万円

備後赤坂駅裏の赤坂遊園後に弊社の条件付き分譲地を坪4万円で販売致します。南面の傾斜地でありますが、傾斜を利用した快適な建物を計画しています。もちろん、全館空調システムを完備した建物になります。

全館空調システムの蓄熱量42%・・・・感激

 2014年12月4~11日間、モデルハウスの蓄熱量を測定致しました。

そのデータを近畿大学工学部に解析を依頼致しました。

深夜電力でエアコンを運転し、その発生する熱量の内、42%が床下蓄熱層に蓄熱し、残り58%が室内を暖房することになります。従って、42%の蓄熱量を利用して、昼間の室温を20℃以上保つことになります。

(気候によって、昼間にエアコンが運転することもあります)

資料内容を更新致しました。

地熱や蓄熱を利用した全館空調システムがより理解しやすい内容に変更致しました。なぜ、日本の住宅は「ヒートショック」や「熱中症」が多発しているか。なぜ、ヒートポンプエアコンが暖房に適しているか。なぜ、全館空調が良いのか。など、是非、資料請求してみてください。

これからの住まいづくりの小冊子プレゼント

Happy New Year

昨年、日本エネルギーパス協会の会員になりました。燃費性能や健康性能を考えた住まいにWUC全館空調システムを採用することにより、快適でお洒落な暮らしが可能となります。

WUC全館空調システムの見積依頼された方に、エネパス協会の「これからの住まいづくり」の小冊子をプレゼント致します。また、ご希望者に住宅の「燃費性能」評価を致します。(詳細はご連絡ください)

モデルハウスC値測定

モデルハウスのC値を計測致しました。残念な結果が発覚致しました。2階ロフトの屋根裏に1か所隙間があることが解りました。その結果、C値が1.3でした。屋根裏が狭くてので、後日、セルロースを吹き込む予定です。私は0.6ぐらいのC値を想定していました。

断熱工事時点でC値計測が必要と考えます。

瀬戸内レモンの家の会に参加しました

先日、瀬戸内レモンの家の会に参加しました。近畿大学の岩前教授様のセミナーがとても参考になりました。内容としては、健康住宅を真剣に日本も考えなくてはならないとか、海外の住宅事情とか、とても充実した時間でした。また、レモンの家の会の参加者がとても真剣に健康住宅に関心もっていました。来年には、福山でこのようなセミナーを開催したいです。

地熱利用全館空調システム’14-8月

今年の8月はやはり異常でしょうか?。

晴れた日差しがほとんどなかった様に感じます。

日照時間が少なく、雨の日が多かったと思います。

従って、冷房費も¥4,259とすごく安いと思います。

このまま、秋が来る様な気配です。

地熱利用全館空調(WUC)システム展示会

広島県三原市の菅建設様が地熱利用全館空調WUCシステムと太陽光発電18Kwを設置した平屋の住宅でオープンハウスを行います。

場所は東広島市内で、期間は8月13日~31日です。ちょうど真夏の暑い時期ですので、より快適なさわやかな住環境が体感出来ます。問い合わせ先は、「エムズホーム」で検索してください。

 

東広島市にて完成見学会!8月中ずぅ~と!

続きを読む

地熱利用全館空調システム7月冷房費

今年も暑い夏がやってきました。だんだん暑くなっているのでしょうか?。昨年より少し高くて、¥5,306でした。しかし、24時間換気システムの電気代をマイナスすると、約¥4,000で1日に換算すると、¥129で快適でのびのびした暮らしができます。

地熱利用した全館空調別荘完成

地熱+蓄熱を利用した全館空調システムを取り入れた別荘が完成致しました。オーナー様が「WUCモデルハウス」を体感し、即決で、このモデル仕様でOKを頂きました。以前の別荘が、シロアリで倒壊寸前でした。使用頻度が少ない為に、湿気でシロアリに食われていました。「WUCシステム」の全館空調は、地熱+蓄熱を利用することにより、ランニングコストが大幅に削減でき、シロアリの心配がありません。完成時には、近所のご婦人が数回にわたり、見学していきました。感想は「島なので、湿気が多いのでシロアリ発生が多いので全館空調は素晴らしい」とか、「こんな開放的な快適住宅で暮らしたいネ」といろいろなご意見を頂きました。ありがとうございました。

 

スマートエコ空調冷房費’14/6月¥1,750

今月(6月)は2日のみ冷房が少し運転が入り、冷房費¥1,750でした。よって、ほとんどが室内機送風の電気代でした。

近畿大学 工学部建築学科卒論に採用

近畿大学 工学部建築学科の崔教授の基で学生2人が卒論にWUCシステムが採用となりました。2人の学生はすでに内定が決定しています。冬場のデータはすでに採取し、あと、夏場のデータが採取し、10月には、データ解析ができる予定です。よろしくお願い致します。

地熱+蓄熱効果実績

昨年12月から、近畿大学の崔教授様がモデルハウスのデーターを採取しています。その中の2014年1月3日の24時間データです。

地熱+24H換気排熱効果は、外気温度に対して室外機ボックス内の温度が約5~6度上昇し、蓄熱効果は日中、室外機が約11時間停止していますが、送風状態でも、室内温度は平均19.4℃でした。電気料金は¥360でした。

あと半年、データを採取し、データー解析をお願い致します。

スマートエコ空調冷暖房費’14・5月¥1,478

一年で一番良い季節でしょう。5月の温度も24℃前後が多い日が続いていました。したがって、エアコンも1度も作動無く、24時間還気(RA)用に必要な電気代¥1478のみでした。しかし、広島も6月1.2日は最高温度が約30℃になりました。

スマートエコ空調暖房費'14/4月¥4,380-

例年では、4月は一番過ごしやすい季節ですが、今年は寒かった。3月の平均温度は13℃でした。今日(5月6日)も朝夕は暖房が必要でした。今年の夏は冷夏でしょうか?。

スマートエコ空調暖房費’14/3¥8,223

今年は平年より寒いと思う。特に朝夕は特に寒いです。最低温度の零下の日が8日もありました。3月としては、暖房が必要となりました。4月は、一気に熱くなるのでしょうか?。

続きを読む

スマートエコ空調’14/2月暖房費¥10,741

WUCモデルハウスの2月の暖房費は¥10,741でした。この月も最低温度が零下になった日が約半月もあり、大変寒い月でした。この冬の3か月の暖房費合計が¥33,150となります。18ℓ灯油缶で換算すると、約18缶で月に直すと、6缶で24時間全館暖房したことになります。

スマートエコ空調システム'14/1月暖房費

WUCモデルハウスのスマートエコ空調システムの2014年1月の暖房費は¥11,568でした。瀬戸内海の比較的温暖な地域ですが、この1月は最低温度が半月以上、零下でした。従いまして、暖房費も掛かりました。

建て替え別荘にWUCシステム採用

弓削島の建て替え別荘にWUCシステムを採用した建物を着工致しました。WUCシステムの採用した決めては、天井や床下も含めた建物内すべてを24時間空調し、湿度が50%以下になるために家を長く維持でき、さらに、地熱+蓄熱利用で維持管理が安くなる。築35年前の建物は湿気とシロアリで建物が崩壊寸前であった。

全館空調暖房費12月は¥10,841

2013年12月は真冬に並みに温度が下がり、夏場より電気代が掛かりました。暖房より冷房の方が地熱蓄熱効果が大きいと考えられる。しかし、HEMSを確認すると、室外機は深夜時間帯にフル稼働し、日中は、送風状態となっています。また、1階すべてが床暖房で大変気持ちが良いです。

創建ホーム様 5000棟達成おめでとうございます

創建ホーム㈱様が5000棟達成記念として、WUCシステムを採用した限定10棟モニター大募集を12月23日まで募集致します。詳しくは、創建ホームで検索して見てください。

近畿大学 測定器設置

WUCシステム(全館空調システム)解析する為に測定器を設置致しました。モデルハウスに、近畿大学の崔教授がおんどり測定器11個を設置し、12月から1年間測定し、解析して頂くことになります。今年の夏場の電気料金は、とても良いデーターでした。さて、冬場は、どうでしょうか?。

蓄熱ブロック約1400個採用

約80坪の新築住宅にWUCシステムを施工致しました。主な仕様は、1階約50坪に蓄熱ブロックを約1400個敷き詰め、3重ガラス、外断熱とセルロースのW断熱です。エアコンは5馬力1台です。この夏場の全館空調冷房費は、¥7655/7月、¥16807/8月、¥14878/9月でした。モデルハウスと同様に、ほとんど日中は室外機が作動していない状態でした。85歳のお年寄りからも、「今までの生活が嘘の様です。どこに居ても快適です」とお言葉を頂きました。

全館空調費10月は¥2403

歳月が経つのは早いもので、今年も10月が終わり、11月になりました。10月のWUCモデルハウスの冷暖房費が¥2403でした。基本的には暖房運転に切替えていましたが、日中、暑い日がありましたので、冷房運転もありました。これから、本格的な暖房シーズンになります。暖房費がいくらになるのでしょうか?。

トランスポーターT1Nにウキウキ・ドキドキ

先日、台数が少ないトランスポーター VAN-tyep T1Nを購入致しました。少し程度が悪いが走行距離が少ないT1Nなので車検を受け、塗装、メンテナンスを行い、2週間後には、完成する予定です。長年、愛用しましたダットサントラックと入れ替えを行います。

1日冷房費¥100の全館空調システム

今年も暑い夏がやっと終わり、さわやかな秋となりました。WUCモデルハウスの全館空調システム9月の冷房費が¥2,398でした。日割りすると1日¥80となります。この3か月間(夏場)の冷房費合計が¥13,023となり、1日当たりの冷房費が平均¥141なりました。24時間換気の電気料金を差し引くと冷房費は1日¥100なります。この数値には、私も信じられません。

WUCホームモデルハウス 8月冷房費 ¥6,146

8月の猛暑(最高温度35℃以上)が15日間も続いた日で、WUCホームモデルハウスの冷房費(24H全館空調費)は¥6,146でした。1日あたりで計算すると¥198となります。7月に比べると約¥50UPとなりましたが、7&8月の2か月の冷房費は¥10,626となります。このグラフで示すように、最高温度が35℃以外では1日¥150以内の電気料金となっています。また、今月の電気料金が楽しみです。

W蓄熱利用WUCシステム PCT国際特許出願

先月、第3弾WUCシステムが特許となりました。その国内特許をPCT国際特許に出願致しました。新規性、進歩性、汎用性の評価によりますが、来年に英語圏に国際特許出願する予定です。(第1弾、第2弾WUCシステムは新規性、進歩性、汎用性すべて「有」と評価されました)

WUCモデルハウス 冷房費¥4,480


WUCホーム モデルハウスの7月分の24H冷房費が¥4,480(HEMS)でした。以前にプログで予測しました様に、1日約¥150の冷房費となりました。殆ど、日中30℃越える寝苦しい毎日が続いていた7月がこの冷房費で、毎日が快適な暮らしができるとは、夢の様です。8月も¥4,500前後の冷房費になると予測致します。

欧州特許セミナー(広島大学)

広島大学主催の日本国弁理士/竹下敦也先生による「欧州技術移転セミナー」に参加致しました。欧州特許条約40ケ国(加盟国は28ケ国)

で人口は約6億人、GDPは世界の約3割を示している。しかし、欧州の特許査定率は42.5%でかなり厳しい。更に、出願審査期間中にも維持費が必要となる。また、欧州内の国において、ライセンスに相違点があり、かなり複雑である。ライセンスを各国に売り込む事により、膨大な利益を得る可能性がある。今回、参加して、欧州の特許事情が少し理解致しました。ありがとうございました。

近畿大学と共同研究

この真夏の暑さの中、WUCホームモデルハウスのエアコンの1日(24H空調)の電気代金が約¥150円前後で推移しています。この実績の解析と提案書の作成を近畿大学にご依頼する打合せを行いました。

建物の断熱仕様、地熱効果や蓄熱効果など、個別に解析を行い、各仕様毎に対する効果を検証する。更に、WUCシステムやWUCホームの総合的な解析をお願することに成りました。

W地熱利用スマートエコ空調システム特許取得

本日、第3段目のW地熱利用スマートエコ空調システムが特許となりました。このシステムは、床下に敷き詰めたブロックを地中熱で夏場は冷やし、冬場は温め、さらに、深夜電力で稼働したエアコンの冷暖房熱をブロックに蓄熱し、日中は送風運転行うスマートエコ空調システムです。前回のプログで報告致しました様に、現在は1日全館空調しても約55円~100円前後の電気代で穏やかな快適の暮らしが可能となります。

HEMSを設置

WUCシステムの地熱効果は以前と同様に2~3℃の冷房効果が持続し室内温度は23~25℃となっています。HEMSを設置したところ、1日中、送風状態でありました。その電気代は¥50円/日でした。1月に換算すると約¥1,500円となります。

続きを読む

地熱効果

今日は、今年1番の真夏の外気温度32℃であった。・・・がWUCホームの室内は、送風状態で室内温度は25℃であった。1F吹出し温度は21℃で地熱効果は-4℃凄い。2F吹出し温度は23℃で地熱効果は-2℃これも凄い。ちなみに外壁日陰温度は37℃もありました。この状態で地熱効果が維持できれば、夏場のエアコンはいらない家と言えます。凄く結果が楽しみです。

地熱利用 WUCホーム キャッチフレーズ

地熱利用 WUCホームのキャッチフレーズを「地熱セラピーの家」に致しました。Open前になりますが、モデルハウスを体感したお客様から・・・・「この柔らかい空気ははじめて…」とか、「何度も言えないやすらぎを感じる」とかのご意見を頂きました。それをヒントにし、地熱利用の冷暖房で快適にやすらぐ家というキャッチです。6月中にOpenする予定です。宜しくお願い致します。

地熱利用WUCホーム

本日、14時頃にWUCホーム宿泊体感モデルハウスの温度を計測致しました。その結果は、添付写真の通りでした。外気温度が33.4℃に対して1F室内温度が23.4℃で、1F床吹出し温度は20.1℃でした。現在、エアコンは送風の弱で24時間換気運転です。その結果、地熱利用効果は23.4℃ー20.1℃=3.3℃となります。吹出し口近くで打合せしていると寒くなりました。真夏の地熱効果が大変楽しみになりました。

WUCホームが日経新聞に掲載

WUCホームが日本経済新聞(4月25日付)と日経MJ(5月8日付)に掲載されました。6月から宿泊体感を受け付ける予定です。是非、宿泊してお洒落で快適なスマートエコ暮らしを体感してください。

平成25年度節電・CO2削減のための実践促進モデル事業に不採用

先般平成25年度節電・CO2削減のための実践促進モデル事業に応募に致しました。自信を持って応募致しましたが、残念です。不採用の内容説明がありません。WUCシステムは年間冷暖房費(35坪住宅)が4万円前後であり、さらに設備投資費用が100万円から可能となり、さらにヒートショックや熱中症予防や、日中の電力量を削減できるシステムである。WUCシステム以上にローコストで汎用性があるCO2削減システムがありますか?。ご指導お願い致します。

平成25年度節電・CO2削減のための実践促進モデル事業に応募

先日、「平成25年度節電・CO2削減のための実践促進モデル事業」に応募致しました。現在、建築中の宿泊体感住宅が応募したモデル住宅です。地熱、蓄熱や深夜電力を利用したWUCシステムが年間冷暖房費を¥4万円台でありながら、快適で、オシャレで、尚且つ、ヒートショックや熱中症の対策予防になるシステムであり、CO2を年間1.7ton以上削減するlことを実証する目的です。

後日、結果を報告致します。

WUCシステム蓄熱ブロック施工

WUC体感住宅の蓄熱ブロック工事が始まりました。以前に記載しましたが、ブロック+土間コンクリートの蓄熱は半端ではありません。速くお披露目したいです。また、ブロックの上に内耐力壁に使用した後の残材を敷き詰めます。モイスの特性である調湿性を利用する事と産業廃棄物の減らす目的です。来週からテラコッタタイル工事に入ります。

地熱+蓄熱利用WUCシステム

先週、内覧会を行いました約80坪住宅のWUCシステムは、蓄熱が凄い。1階床全面(50坪)にブロックを敷き詰め、ブロックに蓄熱を行いました。すると1週間後には、19℃設定においも、室内は暑いぐらいです。日中、外気温度が7℃においても5〜6時間エアコンが作動していません。エアコンがが作動しても約1時間前後で停止致しました。電気代が非常に楽しみです。

宿泊体感住宅施工状況

今週、3重窓を取付け、室内にモイスを施工し、外装にEPSボードを施工し、壁内にはセルロースを注入するWUCホームズオリジナル施工に入りました。行程は少し遅れています。できるだけ。早くオープンできるように頑張ります。もうしばらくお待ちください。

内覧会のお知らせ

来る、2月9~10日に内覧会を行います。建物は67坪ですが、吹抜け部分が15坪あるので解放感たっぷりです。もちろん、WUCシステムを採用しています。是非、この機会にお洒落でエコで快適な住宅を体感して見てください。尚、この内覧会は予約制になりますので、問合せ欄から予約をお願い致します。

続きを読む

あけましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました。

今年も宜しくお願い致します。

新年早速ですが・・・・・!

広島大学 橋本教授から添付の通り、「地熱・熱回収空調システムの効果試算」を解析して頂きました。

結論は、室外機周りの空気温度が10℃上昇または低下した場合、約20%動力低減することができるという。

この試算データーに対する実測データーを近日中に計測し、ご報告致しますので、ご期待ください。

WUCシステム宿泊体感住宅着工

WUCシステムの体感宿泊モデルハウスを着工致しました。

写真は、地熱の熱交換を利用する為に埋設管を埋設し、空調した空気を蓄熱する為に、ブロックを敷き詰めました。

本日、土間を打設致します。

国際特許 PTC 出願

今年、8月特許取得致しましたWUCシステム第2段目を国際特許PTCに出願致しました。来年7月に英語圏に特許出願する予定です。英語圏は、セントラル空調システムが普及していますので、WUCシステムの受け入れがスムースだと考えています。(WUCシステム第1段目のPTC評価はすべて「A」であった)

新建ハウジングに依る問合せ第2弾

新建ハウジング様エコハウス宣言10月30日号に依る問合せが、新たに47社有りました。今回の問合せ合計が87社になり、とてもびっくりしています。ありがとうございました。早速、資料等を送り致ますのでもうしばらく、お待ちください。

WUCシステム電気代

今年の夏に「WUCシステム」を採用した増改築のお家にお伺いi致しました。この家の増築部分に床全面にブロックを敷き詰め、その上にテラコッタタイルで仕上げました。日中、外気温度が14°c位でしたが、床が暖かくとても気持ち良いと奥様は言われました。電気代をお尋ねると、(給湯とレンジはガス使用)8月が¥17,500で9月が¥7,400と回答頂きました。単相200Vで24時間換気と24時間冷暖房空調した上での電気代は、かなり安いと思いました。現在、「WUCシステム」は三相動力を採用しています。この家の様に単相200Vで電気代が安価であれば、深夜電力を上手く活用することにより、さらに電気代が安価になることが予測することが出来ます。

続きを読む

新建ハウジングに依る問合せ

新建ハウジング エコハウス宣言10月30日号に初めてコマーシャルを致しました。新建ハウジン様からの問合せが35社、直接問合せが5社ありました。問合せありがとうございました。早速、資料等を送り致ますのでもうしばらく、お待ちください。

0 コメント

WUCシステム宿泊体感住宅

本日、WUCシステムが宿泊体感することができる住宅の地質調査を行いました。完成が楽しみです。

WUCシステムのホームページが新しくなりました

こんにちは、代表の井上と申します。

プログ形式を採用したWUCシステムのホームページが新しくなりました。

ホームページの内容に付きましては、少しずつ改修し、グレードアップしていきます。また、WUCシステムに関しての情報や私のつぶやきを交えて、タイムリーに更新して行きますので宜しくお願い致します。

経済リポート1424号に掲載されました。

2012年10月10日 1424号

 

8ページ

 

エアコンを効きやすくするシステム改良版を開発
「WUC(スマートエコ空調S)」
ワールド・ルーム・ブリス
創建ホームなどが採用
輸入住宅設計施工業の㈱ワールド・ルーム・ブリス(福山市瀬戸町山北491、井上敬治 社長、電084・951・4880)は1台のエアコンシステムと特殊な建造物構造体を組み合わせた24時間冷暖房システムを改良し、販売を始めた。新たに 室外機に地中熱を利用した平均18℃の空気を流して熱効率を向上させ、エアコンの効きが良くなったという。

 

経済リポート様リンク

WUCシステムが日経新聞に掲載されました

WUCシステムの第1案に引き継ぎ、第二案も本日、日経新聞に掲載されました。早速に、10件ホームパージから問い合わせが御座いました。ありがとうござ います。このWUCシステム第2案は、来年、国際特許に出願する予定です。また、WUCシステム第3案として、先月、特許出願を行いました。この第3案は 第2案に蓄熱方法を追加致しました。さらに、スマート断熱工法を近日中に、特許出願する予定です。

続きを読む

WUCシステム(スマートエコ空調システム)第2案 特許取得

WUCシステム(スマートエコ空調システム)第2案も特許取得致しました。この第2案の特徴は、室外機を囲ったボックス内に、外気を地熱交換した空気と 24時間換気する排気空気を取り入れ、室外機の熱効率をUPするシステムです。すでに、昨年から9棟施工済みです。第1案のWUCシステムと併用すること により、さらに快適でエコな空調システムになります。また、WUCシステム第3案(特徴は、蓄熱方法です)として、今月特許出願致しました。

㈱エコパウダー様と販売代理店契約

㈱エコパウダー様と販売代理店契約を行いました。弊社の「WUCシステム」を採用する場合、一部のお客様から「床下シロアリ駆除を施工する事は問題がある のでは・・・」と質問がありました。今までの一般のシロアリ駆除は揮発成分がシロアリの神経を破壊し、シロアリが死にいたる。一方、㈱エコパウダー様のエ コボロンは揮発・分解しないホウ酸が主成分のために、空気が汚れない。またホウ酸塩が流出しない限り、半永久的に効果が持続する商品であり、10年保証書 が発行されます。弊社のFC加盟店様は、本部と同様に、認定施工店として登録することができます。詳しくはこちらを検索してください

2011/5/31 日本経済新聞 電子版 に掲載されました。

エアコン、地中熱と併用 ワールドルームブリス

続きを読む

近畿大学と共同研究を締結

学校法人近畿大学と㈱ワールドルームブリスは、室外機を利用して、地中水槽による地中熱を利用した空調システムの研究目的し、近畿大学内の環境共生型実験住宅に空調設備を設置し、1年間研究及びデーターを採取する。