2011/5/31 日本経済新聞 電子版 に掲載されました。

エアコン、地中熱と併用 ワールドルームブリス

 住宅建設業のワールドルームブリス(広島県福山市、井上敬治社長)は住宅向けに開発した低コストの冷暖房システムを 本格販売する。地中熱を活用して、市販のエアコン1台で建物全体を空調できるのが特長で、導入費を大幅に抑えられる。電力消費の節減などもアピールして、 全国の住宅建設会社などを対象にフランチャイズチェーン(FC)展開も進める。


 ワールドルームブリスが開発した冷暖房システムは、外気を地中熱で冷やしたり、温めたりした上で、屋根裏などに設置したエア コンに送り、さらに温度調整した冷暖気を天井や床下から各部屋に送り込む。住宅の基礎部分の蓄熱も活用する。新築だけでなく既設の住宅やアパートにも導入 が可能だ。


[2011/5/31 日本経済新聞 電子版]